小ネタ集:緑ドン_~キラメキ!炎のオーロラ伝説~

やあ、マルサンだ。

ここからは夏休み特別企画として、私が自腹実戦にてかき集めた「小ネタ集」をお届けしよう。

夏休みといっても小学生の皆には教えらんない。さあ、帰った帰った。18歳になったらまた来てな。

さ、下らない前置きはこの辺にして早速いこう。

ビリータッチ演出時にビリータッチしない方法

緑ドンのキモとなる演出と言えば、いわずもがな「ビリータッチ」演出。

それなのにビリータッチしない方法を提言するとは、「何を言ってんだ、このおっさんは!」と思われるかもしれんが、まあまあそういう打ち方もあるってことで聞いて下さいよ。


まずはコイン投入口の左にある「SELECT」「ENTER」ボタンに注目。

実はこのボタン、通常時はメニュー画面操作に使われるのは合点承知のとおりだが、それ以外(主にプレイ中)では「SELECT」が左ビリー役モノ「ENTER」が右ビリー役モノに対応している。

つまりわざわざビリー役モノをタッチしなくても、ボタンを押せば左右を任意で選択できるってわけ。

ま、気付いた方もいるだろうが、これは前作「ビバドン」でも通用した技。

「周りの目が気になってビリーちゃんと堂々と触れ合えない!ああん、もう!」っていう、私みたいなシャイボーイな方々は是非お試しあれ。

ビリータッチ番外編

皆さんはもう「V-RUSH」は体験したかな。

あれってさ、突入時に派手な演出とともにビリータッチを迫られて、2択に成功すれば晴れてV-RUSH突入ってパターンじゃない。

でもさ、たまーにだけど、ドンちゃんが2択の正解を教えてくれることがあるって知ってる?


この写真のように。

V-RUSHは大量ゲーム数上乗せの大チャンスだから、この時ばかりはドンちゃんの声がエンジェルボイスに聞こえる瞬間なわけだけど、じゃあさ、このナビを無視したらどうなると思う?

そこのキミ、「また始まったよ・・・。」みたいな顔で私を見ない。

ホラ、昔お母さんに「やっちゃいけません!」って言われるほど、やりたくなっちゃうみたいなアレだよ。あの感覚だよ。

かといって、ひょっとしたらV-RUSHが消滅しちゃうリスクを抱えてまで実際にやってみようという勇気ある若者・・・というか変態くんはなかなかいないと思う。



だから、代わりにおじさんがやってみたよ。ほら。

スギちゃんも裸足で逃げ出すほど、ワイルドだろ!?

「ネタが古いうえに、スギちゃんはもともと裸足じゃねーか!」というツッコミはナシな。


結果だけ言うと・・・V-RUSHは消滅しない!

じゃあどうなるのかと言えば、それはホールで実際に自分の目で確かめてほしい。

大丈夫。損はしないから。




ちなみにこの「小ネタ集」は、私の財布がパンクしない限り今後も続々と更新予定だ。

それじゃ、また次回!

ボーナスフラグ判別打法(ART中限定)

おかげさまで前回が一部マニアに好評だったようで、この”小ネタ集”も無事2回目の更新をむかえることができホッとしている、やあマルサンです。

今回お届けするネタは、上にあるタイトルどおり。

ART中にアツい小役(強森など)を引き、次ゲームにアツめの演出が発生した時などに是非試してほしい打ち方だ。

ちなみになぜART中限定なのかというと、実に単純明快、変則押しをするから。

別に通常時に試してもいいけど、ペナルティ喰らっても私は責任持たんぞ。

手順

右リール中段に”ドンちゃん”図柄をビタ押し


■ビタ止まり時

ドンBIG濃厚!
左・中リールドンちゃん狙い

私の実戦上では”ほぼ”確定。
ビタ止まった時は思う存分悶絶しなさい。

■1コマ滑り時

共通ベル
左・中リール適当打ち

この形から強森が揃ってくれてもよさそうなもんだが、私の実戦上では共通ベル1確だった。

■2コマ滑り
出現せず

■3コマ滑り

リプレイ/チェリー/チャンス目/森/純ハズレ/赤7BIG
左リールチェリー狙い(BAR目安)、森ハサミテンパイ時のみ中リール森狙い(赤7目安)

まあ、ほぼリプレイの残念目なのだが、もし全ての小役を蹴った時(ハズレ目)は衝撃出目に大変身!
次ゲームは優越感に浸りながら赤7を狙いなさい。
注意事項として、チャンス目をハズレ目と勘違いしないようにな。(チャンス目時は必ず特殊音とリールフラッシュが発生する)
それと稀にだが、純ハズレも出現するからそいつにも注意!

■4コマ滑り時

REG濃厚!
左・中リールとも赤7狙い

4コマズル滑り時は・・・・・・バケでもいいじゃないか。贅沢言わない!

デメリット

こんなにアツい打ち方ならART中は演出発生するたびにやればいいんじゃね!?
って思われるかもしれんが、残念ながらこの打法には最大の弱点がある。

上記の手順を見てピンときた方もいるかもしれんが、この打ち方ではチェリー/森/チャンス目成立時に強弱の区別がつかない。
(中段チェリー/確定チェリーも実戦では確認できず)

私の実戦では、チェリー時は弱チェリー、森は下段森揃い、チャンス目はハサミリプレイハズレの形で必ず止まった。

少なくとも4000G以上は試してみて一度も強レア役の停止型を確認できなかったから、おそらく逆押し時は強弱関係なく弱系の停止型で止まるリール制御なんだと思う。
(左リールの押す位置によっては、右下がりで森が揃うこともある)

知ってのとおり、弱森/強チェリー/チャンス目Aはボーナスとの同時当選率に設定差があるから、区別できないのは結構なマイナスポイントだ。

それでもこの打ち方なら最短2Gで全ボーナスを揃えられコインロスを防げるし、出目的にもシンプルがゆえのアツさがあって実に楽しめる。

ま、多用しない程度にここぞという時だけやってみて。オモシロイから。

※数値等自社調査

緑ドン_~キラメキ!炎のオーロラ伝説~:メニュー

緑ドン_~キラメキ!炎のオーロラ伝説~ 基本・攻略メニュー

緑ドン_~キラメキ!炎のオーロラ伝説~ 通常関連メニュー

緑ドン_~キラメキ!炎のオーロラ伝説~ ボーナス関連メニュー

緑ドン_~キラメキ!炎のオーロラ伝説~ ART関連メニュー

ドンちゃんシリーズの関連機種

スポンサードリンク

一撃チャンネル 最新動画

また見たいって方は是非チャンネル登録お願いします!
▼ 一撃チャンネル ▼

スポンサードリンク

確定演出ハンター ハント枚数ランキング

取材予定

1〜9 / 9件中
1〜9 / 9件中
スポンサードリンク

マ行のパチスロ・スロット機種解析