【設定6】実戦データ&感想①:ンゴロポポス~ピンチ!捕われの爺~

【設定6】実戦データ

※ART当選時、ンゴロポCHANCE突入/終了時、チキチキカムバック終了時にゲーム数リセット
※ART準備中、ンゴロポCHANCE終了~チキチキカムバック終了まで(2BET→2枚獲得)
<メダル増減なし>
<レア役の抽選なし>

G数 挙動 備考
0 スタート
70 高確率(前兆)
595 高確率(前兆)
614 ART当選 推定投資:30000円
弱チャンス目
1 ART準備
15 ンゴロポCHANCE
101 ンゴロポCHANCE2連
200 ンゴロポCHANCE終了
3 チキチキカムバック
6 チキチキカムバック終了 獲得:622枚
48 高確率(前兆)
242 高確率(前兆)
342 高確率(前兆)
352 ART当選 推定追加:4000円
G数or高確スイカ
1 ART準備
14 ンゴロポCHANCE
43 チキ戻し -20G 弱チキ
101 ンゴロポCHANCE2連
202 チキ戻し -10G 強チキ
230 ンゴロポCHANCE終了
7 チキチキカムバック
10 チキチキカムバック終了 獲得:573枚
64 高確率(前兆)
74 ART当選 G数
1 ART準備
17 ンゴロポCHANCE
100 チキ戻し -50G
151 ンゴロポCHANCE2連
251 ンゴロポCHANCE3連
350 ンゴロポCHANCE終了
4 チキチキカムバック
7 チキチキカムバック終了 獲得:1397枚
34 高確率(前兆)
69 高確率(前兆)
79 ART当選 G数orチャンスベル
1 ART準備
19 ンゴロポCHANCE
101 ンゴロポCHANCE2連
200 ンゴロポCHANCE終了 獲得:1795枚
8 チキチキカムバック
11 チキチキカムバック終了
43 ART当選 4連ベルor
チャンスベル
※V揃い
1 ART準備
22 ンゴロポCHANCE
101 ンゴロポCHANCE2連
201 ンゴロポCHANCE3連
301 ンゴロポCHANCE4連
401 ンゴロポCHANCE5連
425 チキ戻し -10G 弱チキ
510 ンゴロポCHANCE終了
8 チキチキカムバック
11 チキチキカムバック終了 獲得:3211枚
65 高確率(前兆)
212 高確率(前兆)
358 高確率(前兆)
572 高確率(前兆)
700 ヤメ

■ゲーム数データ

状態 G数
総回転数 3484G
通常 1862G
ART 1490G
ART準備中/チキチキカムバック
(2BET状態)
132G

■ART関連

ART 回数
初当たり 5回(1/372.4)
特化ゾーン 回数
チキ戻し 4回(1/372.5)

■小役確率

小役 回数
チキアツ目 0回(-)
強チャンス目 1回(1/3352.0)
弱チャンス目 11回(1/304.7)
強チキ 8回(1/419.0)
弱チキ 33回(1/101.6)
チャンスベル 6回(1/558.7)
スイカ 13回(1/257.8)

※ART準備中/チキチキカムバック中を除いた総G数で算出

■推定収支

項目 収支等
推定投資金額 34000円
推定獲得枚数 1567枚
推定換金額 31000円
推定収支 3000円
負け

※1000円あたりの平均消化ゲーム数を21.0Gとして算出
※換金額は25枚以下の端数切り捨てで算出(等価計算)

■スランプグラフ

※注意※
上記のスランプグラフは実戦での稼動データ等を元に自社シミュレーションで作成したのです。
そのため実際の差枚数よりも若干誤差がある事をご理解ください。
あくまで出玉推移の参考程度にしてください。

【設定6】の感想

古琉球の時代から戦前まで、沖縄では“ンマハラセー”という名前の競馬が行われていました! 

popos-20140217-uma1.jpg.JPG

…だから何?って、言わないでください(汗)。ウマツです。


popos-20140217-uma2.jpg.jpg

さて今回は、大都技研さんから登場する“ンゴロポポス”を試打しに行ってきましたよ!


まず機種の名前からしてインパクトがありますが、小役一覧表を見てみると…

リプレイ…スイカ…チャンスベル…弱チャンス目…強チャンス目…

弱チキ?…強チキ??…チキアツ目???…

ムリポ揃い?????????


popos-20140217-uma3.jpg.jpg

これが、いわゆる“ムリポ図柄”ですか…なかなかカオスな台っぽいですね(汗)。


そして、台を見ると…

popos-20140217-uma4.jpg.jpg

ミリオンなんとか…とは、まったく関係ないですよ…ね?


そして、いきなり唐突に設定差の話をしますが、レア役は“弱チキ”の出現率が少々違う程度とのこと。

天国モード移行率の高さ、レア役当選率の高さなどを加味して、最終的にはARTの初当たりをよく引く台ほど高設定の可能性が高まると判断することになりそうです。


では、ここからは、ART“ンゴロポCHANCE”についてです。

popos-20140217-uma5.jpg.jpg

“ンゴロポCHANCE”は1セット100ゲーム、純増2.8枚、ループテーブル型のARTで、セット数上乗せ、ゲーム数上乗せ(巻き戻し)、引き戻しあり。

ART初当たり時に液晶に”VVV”と揃えば初回継続確定、”777″なら5セット確定、”GGG”なら7セット確定になります!


ART中に”セット数”が上乗せされるシーンは多々ありますが、”ゲーム数”の上乗せは“チキ戻し”のみ(結構な頻度で入ります)。

popos-20140217-uma6.jpg.jpg

主にART中のレア役抽選で突入し、10G×最大95%ループで消化ゲームが巻き戻される仕組み。

セット数をまたいで戻るので、仮に3セット目の終了寸前にチキ戻しを引いたら、最大で300ゲーム巻き戻されます。

もし万が一、突入1ゲームに突入してしまったら? そうなったとしても、ARTスタート時まで巻き戻されると全戻し特典としてセット数が上乗せされるので、ご安心ください!


popos-20140217-uma7.jpg.jpg

そして、レバーオンとともに何の前触れもなく訪れるのが、“自力神降臨チャンス”

神降臨…ですか…大きな声では言えませんが、やっぱり、ミリオンなんとかのにおいがプンプンと…。

この日の試打では、終盤にンゴロポポス最大と言っても過言ではない、この大チャンスが訪れました!

6択に正解して神が降臨すればART”5セット”もしくは”7セット”が確定ですから、ボタンを押す指にも力が入るところです!!


そして、結果は……



popos-20140217-uma8.jpg.jpg

ムリポ………


『ンゴロポポス~ピンチ!捕われの爺~』の導入日は

3月3日(月)!

ホールでは神に会いたいぜ!

※数値等自社調査

(C)DAITO GIKEN,INC.

ンゴロポポス~ピンチ!捕われの爺~:メニュー

ンゴロポポス~ピンチ!捕われの爺~ 基本・攻略メニュー

ンゴロポポス~ピンチ!捕われの爺~ 通常関連メニュー

ンゴロポポス~ピンチ!捕われの爺~ ART関連メニュー

ンゴロポポス~ピンチ!捕われの爺~ 実戦データメニュー

吉宗シリーズの関連機種

スポンサードリンク

一撃チャンネル 最新動画

また見たいって方は是非チャンネル登録お願いします!
▼ 一撃チャンネル ▼

スポンサードリンク

確定演出ハンター ハント枚数ランキング

スポンサードリンク

ヤ・ラ・ワ行のパチスロ・スロット機種解析